北新地の飲食店情報・検索サイト。北新地ドットコム一押しのオシャレで上質・正統派なお店を、厳選して発信

TOPページへ→
 
  スタッフ取材日記「お水汲み編」   2011年2月3日(木)
14:00
「お水汲み※1」スタート。

堂島薬師堂の前にはすごい人だかりができており、
橋が渡りづらくなるほどの人の数。
その中で、堂島薬師堂ではお坊さんはお経を唱えてらっしゃいます。





そして、周囲でスタンバイする鬼の皆さん。
お水汲みも終わり、「鬼追い※2」が始まりました。
四ツ橋筋にあるお店へ次々と鬼が入っていきます。
18:30
イベントが開始し、北新地の芸子さんによる淑やかな舞と情緒溢れる謡いや三味線が始まり、続いて北新地クイーンや和装姿の女性達の登場です。
龍も登場し、巡行が始まりました。
船大工通り、堂島上通り、新地本通り、永楽町通りと練り歩きます。
ちなみに龍は弁財天の化身だそうです。女性を守るのはやはり女神様なんですね。
法螺貝と銅鑼の音が夜の北新地に響き渡ります。

まずは北新地クイーンが先頭で巡行。
先程壇上で挨拶をされていた女性達の後には龍が続きます
近くで見ると、壇上で見たときとはまた違う感動が……。







その後、取材スタッフは振る舞い酒とぜんざいを頂戴して一息つきました。
<取材後記>

当日は、例年と比べると穏やかな天候に恵まれたそうです。確かに風も穏やかでしたし、それほど寒さも感じなかったような気もします。そんな良き日に執り行われた今年の「堂島薬師堂 節分お水汲み祭り」は大盛況のうちに幕を閉じましたが、その日の北新地はやはりいつも以上に活気に溢れ、町全体がキラキラしていたように感じます。
伝統を大切にした行事でありながら、エンターテイメント性も忘れない、北新地のサービス精神を裏付けるような「節分お水汲み祭り」。毎年アバンザ周辺で開催されていますが、年々盛大にもなっているそうです。そんなステキなお祭りを来年度はぜひ、体験してみてください。

(※1「お水汲み」では、参拝者一人ひとりの竹筒護符(たけづつごふ)に、奈良の薬師寺の僧侶が祈祷したお香水(こうずい)を汲み清めます。抜粋:堂島薬師堂節分お水汲み祭公式HP

(※2 その年の邪気を取り除くため、薬師寺僧侶、福男、鬼などが法螺貝(ほらがい)と銅鑼(どら)の響きに合わせて町内を練り歩き、豆を撒き、厄を払います。抜粋:堂島薬師堂節分お水汲み祭公式HP






05/01 春特集終了いたしました
03/07 春特集を掲載しました
02/01 サイトリニューアル
西日本最大級のバーチャルゴルフ場 接待やゴルフを始めたばかりの方、ラウンド前の調整にもオススメ!
気軽にお食事とお酒が楽しめる イタリアンバール
下町の食材を煮込んだ大鍋を囲むコの字型カウンターが特徴的な店内
都の情緒を映す趣ある店内
厳選された新鮮な黒毛和牛 芸能人も御用達です。
ほっこりと和める店内で、天然素材を使った割烹料理が愉しめるお店
本格焼き串から変わり串まで 新鮮な朝引き鶏が頂けます。
個室が充実の和食料理店。沖縄の食材を中心に、2008年5月OPEN。